低用量ピルといえばダイアン35

ダイアン35の飲み方について解説します

ダイアン35飲み方

ダイアン35は副作用が多く、そして注意の必要な医薬品です。

しかし用法用量を守り、正しい方法で使用した際にはそういった副作用も起こりにくく、安全に避妊やニキビの改善といった作用が得られるようになります。

ダイアン35を使用する際には必ず正しい方法での服用を行うという事、そしてダイアン35を使用する上で「必ず行っておくべきこと」について知った上で使用を開始するようにしましょう。

ここではそんなダイアン35を使用する上で知っておくべき重要な事について紹介します。

ダイアン35の使用を開始する際には必ずチェックした上で使用を開始しましょう。

正しい服用方法

ダイアン35の服用方法についてですが、この製品は「1日1回、1錠を服用する」というのが基本的な服用方法になります。

服用を開始するタイミングについてですが、ダイアン35は「生理開始日に服用を開始する」必要があります。

服用する錠剤はPTPシートの「1」と記載されている場所にあるものを1錠服用します。

そして翌日以降は、同じシートの「2」と記載されている場所にある錠剤を、1錠目を服用したのと同じ時間に服用します。

シート1枚に21錠のダイアン35がセットされているので、1日目以降は21日間上記の方法で服用を行っていきます。

21日目の服用を終えると、シート1枚分のダイアン35を全て使用し終えた状態となりますが、その後は7日間休薬期間を発生させます。

この期間中に「消退出血」と呼ばれる生理に似た出血が発生するため、生理用品等を使用して備えるようにしましょう。

7日の休薬を終え、服用初日から数えて29日目からは、新しいシートの「1」と書かれている場所にある錠剤を、前回服用した時間と同じ時間に服用し、翌日以降も同様に服用を行っていきます。

ダイアン35を服用する際、飲み忘れが発生してしまうと避妊効果が喪失してしまう恐れがあるため、スマートフォンのアラーム機能を使用するなどの方法により、服用忘れが発生しないように注意しましょう。

血液検査は必須

ダイアン35を使用する上で重要なこととして「定期的な血液検査」があります。

血液検査を受けるべき理由として、血栓症の早期発覚といった理由があります。

血栓症というのは多くが自覚症状の発現によって発症が確認されるものですが、実は血液検査によっても発症の可否を判断することができます。

したがって、ダイアン35を服用する際には定期的な血液検査を受け、血栓症を発症しかけているかどうか、というのを調べると良いでしょう。

この血液検査による血栓症の検査というのは、ダイアン35に限らずどういった低用量ピルを使用する場合であっても行っておくべき事です。

そのため、ピルを使用する際には血液検査を受ける、というのを忘れないようにしましょう。

ダイアン35の注意点

ダイアン35を服用する上で注意すべきことは3つあります。

1つはダイアン35の服用自体がそもそも禁止される条件について、2つめはダイアン35と併用してはいけない医薬品について、そして3つめはダイアン35との併用時に注意が必要な医薬品についてです。

ダイアン35を服用する際にはこれらの要素に対して注意を払いつつ服用しなければ、副作用が強まる、または血栓症といった症状の発生率が高まる恐れがあります。

ダイアン35を服用する際には必ずこれら3つのことに対して注意を払う、そして知った上で使用を開始するようにしましょう。

服用してはいけない方

初めにダイアン35の使用が禁忌となる条件についてです。

条件としては成分に対しての過敏症がある、乳がんや子宮内がんといった特定の症状を発症しているという条件があります。

特に注意が必要な人としては「40歳以上である」「1日15本以上のタバコを吸う」「飲酒の習慣がある」といった条件があります。

これらの条件に該当する場合、ダイアン35の使用によって副作用の血栓症を引き起こす確率が大幅に上昇します。

したがって、これらの条件に該当する場合はダイアン35の服用を行わないというのを忘れないように注意をしましょう。

併用禁忌薬

ダイアン35と併用することが禁止されている、併用禁忌薬としてC型慢性肝炎を初めとする、ウイルス血症の治療薬があります。

これらの医薬品との併用が禁忌となる理由としては、併用による肝機能の悪化があります。

肝機能が悪化する詳細な仕組みに関しては判明していませんが、ダイアン35との併用によって肝機能を示す数値である「ALT(GPT)」という数値の上昇が発生することが知られています。

したがって、ダイアン35を服用する際にはウイルス血症の治療薬とは併用しない、もし併用する危険性があるのであれば、医師に対して相談を行った上で併用の可否を判断するようにしましょう。

併用注意薬

ダイアン35と併用する際に注意が必要な医薬品としては、血糖降下剤やアセトアミノフェン、副腎皮質ステロイド薬、三環系抗うつ剤、そしてセレギリン塩酸塩といった医薬品があります。

これらの医薬品はダイアン35だけではなく、その他の低用量ピルとの併用の際にも注意が必要となります。

したがって、ダイアン35を含む低用量ピルを服用する際には、これらの医薬品との併用を可能なのであれば回避する、併用する際には医師の支持を仰いだ後に行うなど、細心の注意を払いながら併用するようにしましょう。

まとめ

ダイアン35は正しい飲み方で使用することによって、優れた避妊効果やニキビといった症状の治療が可能となる医薬品です。

したがって、ダイアン35を使用する際にはどういった方法で服用するのか、という正しい飲み方を知ることが重要となります。

正しい飲み方を知る際には、どう飲むのかだけでなく「飲む上で何に注意をするひつようがあるのか」そして「どういったことを行う必要があるのか」についても知る必要があります。

定期的な血液検査による血栓症の予防、併用してはいけない医薬品の知識などを身につけ、安全にダイアン35を服用しましょう。