低用量ピルといえばダイアン35

ダイアン35の通販・ジェネリックについて解説します

ダイアン35の通販

ダイアン35を購入する際に知っておくべきこととして、どのようにしてダイアン35を購入するのか、ダイアン35の買い方に付いてです。

ダイアン35というのは実は日本国内での販売や処方に対する承認が下りていない「未承認薬」というものになります。

したがって、ダイアン35を入手する際には未承認薬を購入するための方法を用いる必要があります。

その方法というのは「医薬品の通販」です。

ここでは医薬品の通販とはどういったものなのか、メリットやデメリットはどういったものがあるのか、そして何に対して注意をする必要があるのか、といったことを紹介します。

購入方法

ダイアン35は日本国内での販売や処方に関する認可が下りていない、未承認薬と呼ばれる種類の医薬品です。

この未承認薬というのは一般的な医薬品とは違い、調剤薬局で処方を受けることもできなければ、ドラッグストアで購入する事も、医療機関で直接処方をしてもらう事もできません。

入手の際には通常の医薬品とは違った方法である「海外医薬品の通販」という方法を用いる必要があります。

海外医薬品の通販というのは余り一般的な医薬品の購入方法ではありませんが、実は非常に多くのメリットが存在している方法でもあります。

別項にて詳細にメリットを解説していきますが、この方法を用いた場合、ダイアン35のように日本国内では入手することができない、もしくは入手が非常に難しい医薬品が簡単に購入できます。

したがって、ダイアン35を購入するときに限定せず、この医薬品を通販で購入するというのは非常に便利であり、得をすることなのです。

また、購入方法に関しても特に難しい事はなく、一般的な通販サイトで買物をするのと同じような要領で買い物を行うだけのため、非常に簡単に購入できます。

初めて海外医薬品を購入するという人でも、通販での買い物を行った経験があるのなら、問題なく商品の購入が可能です。

通販のメリット・デメリット

通販を利用してダイアン35などの医薬品を購入するメリットとデメリットについてですが、まずはメリットを紹介します。

メリットとしては「安く買える」「日本では買えないものが買える」といったものがあります。

初めに安く買えるというメリットについてですが、医薬品の通販では日本国内で入手できる医薬品と同じもの、そしてその製品の「ジェネリック」が購入できます。

ジェネリックというのは既存の医薬品を模倣して作られている製品で、使用効果はそのままに価格が抑えられているという特徴があります。

通販を利用した際にジェネリックを購入するようにすれば、病院での処方を受けるよりも遥かに安く医薬品が買えます。

そして日本では買えないものが買えるというメリットですが、これは未承認薬が購入できるというメリットです。

ダイアン35は日本では未承認薬となっていますが、通販であれば購入できるということからも、このメリットの存在がわかることでしょう。

次にデメリットについてですが、デメリットとしては商品の到着に時間が掛かる、といったものがあります。

注文した商品は海外から発送されてくるため、注文後実際に手元に届くまでには早くとも1週間から2週間ほどの時間が必要となります。

したがって、即時性を求められる医薬品であればあるほど、早く注文して備えなければ行けないというデメリットがあります。

通販を利用して医薬品を購入する際には、このデメリットについて把握した上で購入を行うようにしましょう。

通販利用の注意点

最後に通販を利用してダイアン35を購入する際の注意点についてです。

まず通販を利用した医薬品の購入というのは、購入から使用までの全工程を購入者自らの意思で行うものであるため、使用時に発生する作用や副作用といったものの全てが「自己責任」となります。

副作用による体調の悪化に対しての処置は病院で受けることが可能ですが、それに対しての金銭的補償といったものは受けられないため、注意しましょう。

次に医薬品の通販に関係する法律である「薬機法」に対しての注意です。

通販で購入できる医薬品の種類や数といったものは、薬機法と呼ばれる法律によって制限を受けています。

輸入が禁止されているものとしては、大麻やアヘン、コカイン、ヘロインといった違法な薬物に始まり、脳に対して作用する抗精神病薬といった医薬品があります。

したがって、これらの製品もしくはそれらに類似したものは輸入しようと思っても輸入ができないため、無自覚の注文であったとしても注意をするようにしましょう。

また、購入できる製品の数に関しても注意をしなければ税関で商品が止められ、そのまま廃棄処分となる場合があるため、法律で指定されている以上の数を注文しないなど、注意しながらの注文を行いましょう。

ダイアン35のジェネリック

ダイアン35は非常に優れた使用効果がある医薬品ですが、この製品を基にして作られた「ジェネリック」という種類のダイアン35が存在しています。

このジェネリックという医薬品は、配合されている成分や配合量、そして使用効果はそのままに価格だけを抑えられているという特徴があります。

したがって、ダイアン35を購入する際に価格を抑えたいのであれば、ジェネリックのものを購入するというのも良い方法だといえます。

ここではダイアン35のジェネリックにどういった製品があるのか、簡単に紹介をします。

スーシー(Sucee)

初めに紹介するのは「Sucee(スーシー)」です。

SuceeはタイBIOLABという製薬会社が製造しているダイアン35のジェネリックです。

この製品には有効成分として、エチニルエストラジオールの0.035mg、そして酢酸シプロテロンが2mg配合されています。

服用時の効果等はダイアン35と一切変わりがなく、非常に優れた避妊効果やニキビの解消効果が見込めます。

販売価格としては1箱21錠入の製品が2,400円、2箱3,900円といった低価格で販売が行われています。

したがって、ダイアン35を購入する際に必要となる金額よりも、更に少ない出費でダイアン35と道東の効果がある製品を手に入れたいという時には、Suceeの購入を選択肢に入れるのも良いでしょう。

ローラー35

次に紹介するのは「ローラー35(Laura-35)」です。

ローラー35はタイのPond's Chemicalという製薬会社が製造と販売を行ってる、ダイアン35のジェネリックです。

配合されている成分の量は酢酸シプロテロンが2mg、エチニルエストラジオールが0.035mg配合されており、使用効果はダイアン35と同等のものになっています。

ローラー35は販売価格が非常に安いという特徴があり、21錠入りの物が1箱約1,200円、2箱で2,000円、3箱で2,800円、6箱で4,800円程となっています。

ダイアン35のジェネリックは多数存在していますが、その中でもローラー35は特に販売価格が低い製品となっています。

したがって、安くダイアン35を使用したいという時にはこのローラー35の購入がオススメできます。

オーシー35

ダイアン35はドイツの製薬会社が作る低用量ピルですが、同じくドイツの製薬会社が作るダイアン35のジェネリックとして「オーシー35(OC-35)」があります。

オーシー35はHaupt Pharma Munster GmbHという製薬会社が製造と販売を行っているダイアン35のジェネリックです。

成分配合量は他のダイアン35のジェネリックと同じく、酢酸シプロテロンが2mg、エチニルエストラジオールが0.035mgとなっています。

販売価格は21錠入りのオーシー35が1箱約1,300円、2箱2,100円、3箱3,000円、6箱5,000円程で販売されています。

同じくダイアン35のジェネリックであるローラー35と比べても数十円から数百円ほどの違いしかないため、このオーシー35も低価格なダイアン35のジェネリックであるといえます。

ジネット35

ジネット35はインドの製薬会社「シプラ」が製造するダイアン35のジェネリックです。

シプラはジェネリックを專門に製造する製薬会社のなかでも特にハイクオリティな医薬品を製造することで知られています。

配合されている成分量は変わらず酢酸シプロテロン2mgのエチニルエストラジオール0.035mgとなっています。

販売価格は21錠1箱で約2,000円、3箱5,400円、6箱10,000円ほどとなっており、他のジェネリックと比較すると幾分か高くなっています。

しかしその分品質は他のジェネリックと比べても非常に高いため、ジェネリックを使用する上で多くの人が感じる「品質に対しての不安」といったものを感じずに使用できるようになっています。

まとめ

ダイアン35は日本国内での販売や処方に関する認可を受けていない「未承認薬」と呼ばれる医薬品です。

したがって、購入の際には一般的な医薬品の購入方法とは違い、通販を利用した購入を行う必要があります。

通販を利用した場合、スーシーやローラー35といったジェネリックを購入することにより、金銭的負担を大幅に減らした上で購入することが可能となります。

しかし通販を利用した場合、商品の到着までに掛かる時間が長いというデメリットや商品の使用における責任が全て自分にある、自己責任となるといった注意点があります。

通販を利用する際にはこれらのことに対して注意をしながら商品の購入を行うようにしましょう。